仕手株とは素人が犠牲になりやすい銘柄

仕手株とはどういったものかと素人が調べて、そしてそれに乗っかっていこうと考えることもあるようですが、これは危険なことだと考えられます。なぜなら、仕手株とはプロ集団が扱う銘柄だからです。プロといっても、詐欺に近いと考えておいた方が良いです。というのは、意図的に株価をつり上げている可能性があるからです。

仕手株とは、具体的には低位株や浮動株比率の低いものを指します。これらは、普段はほとんど取引がなされていません。仕手筋はこのような株式を少しずつ集めていって、供給を逼迫させていきます。実際に市場で取引される株式数が減ってくると、ちょっとしたきっかけで大きく上昇する可能性があるからです。このような状態で、もしも業績改善のニュースが流れると、買い注文が増えることがあります。

普通の状態であれば少しくらい買い注文が入っても、少ししか上昇はしません。しかし、すでにある程度買い占められている状態であれば、買い注文が少し入ると大きく上昇します。ここでさらに資金を投じて株価をつり上げるといったことが行われます。このようになってくると、個人投資家なども注目しますから、さらに買い注文が入ってくることもあります。それが多くの買い注文を巻き込んでいき、また空売りの踏み上げなども巻き込んでいって株価が上昇していきます。

このような流れに乗れば、もちろんですが利益を得ることはできるでしょう。しかし、株価の下落が始まると一気に底値圏までいくのが一般的ですから、リスクは非常に高いと考えられます。仕手株について行って利益を得ようと考えるのは悪いことではないのですが、リスクは非常に大きいと言うことは認識しておかなければなりません。

■NISAって何?
ニーサ口座開設について
■株について知りたいならこのブログ
株が良く分かるブログ